預け銀(読み)アズケギン

デジタル大辞泉の解説

あずけ‐ぎん〔あづけ‐〕【預け銀】

江戸時代、いつでも返済の請求ができるという契約で貸した金。あずけがね。
「売り掛け―に損すること」〈浮・敗毒散・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あずけがね【預け銀】

あずけぎん【預け銀】

江戸時代、請求した時にはいつでも返してもらう約束で貸した金銭。あずけがね。 「 -の先々へも自身の付届して/浮世草子・織留 6

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android