頻りの年(読み)シキリノトシ

デジタル大辞泉の解説

しきり‐の‐とし【頻りの年】

近ごろ引き続いての年。ここ数年。
「―よりこのかた、平氏、王皇蔑如して」〈平家・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しきりのとし【頻りの年】

ここ数年。近年。 「 -より以来平氏王皇蔑如して政道にはばかる事なし/平家 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android