コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頼成 らいせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

頼成 らいせい

?-? 平安後期-鎌倉時代の絵仏師。
頼増または頼源の子といわれる。建久2年(1191)中宮御祈普賢延命法の本尊曼荼羅(まんだら)と四天王像をえがいた。法橋(ほっきょう)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

頼成の関連情報