コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法橋 ほっきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法橋
ほっきょう

法橋上人位の略。律師僧綱に授けられる僧位で,法印法眼とともに貞観6 (864) 年2月に制定された。のちに一般の僧にも授けられるようになり,人数も次第に増加し,さらに仏師絵師にも叙任されるにいたった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほう‐きょう〔ホフケウ〕【法橋】

仏語。仏の教えを、人を彼岸に渡す橋にたとえていう語。法(のり)の橋。
ほっきょう(法橋)

ほっ‐きょう〔‐ケウ〕【法橋】

《「法橋上人位」の略》僧位の第三位。法眼に次ぐ。僧綱律師に相当し、五位に準ぜられた。
中世以後、医師・仏師・絵師・連歌師などに僧位に準じて与えられた称号。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

法橋【ほっきょう】

日本の僧位の一つ。僧綱(そうごう)の最下位である律師に与えられる。法橋上人位とも。官位でははじめ正4位に相当。法印と同様,中世・近世では僧以外にも与えられた。
→関連項目絵仏師定慶定朝宅磨勝賀俵屋宗達法眼

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ほうきょう【法橋】

ほっきょう【法橋】

〔「ほうきょう」とも〕
僧位の第三で、法印・法眼ほうげんに次ぐ。「法橋上人位」の略。僧綱の律師に相当する位。法の橋。
中世・近世、僧侶に準じて仏師・絵師・連歌師・医師などに与えられた称号。法の橋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

法橋の関連キーワード呼び鐘・呼鐘礒田湖竜斎目賀田友元吉原 真龍磯田湖龍斎頼円(2)良円(7)寿命(2)櫛橋栄春斎真慧(1)頼円(3)木村徳応石田友汀里村昌叱古筆了珪山本探川八田古秀笹山養意狩野永雲狩野興也

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法橋の関連情報