法橋(読み)ほっきょう

  • ほうきょう
  • ほうきょう ホフケウ
  • ほうきょう〔ホフケウ〕
  • ほっきょう ‥ケウ
  • ほっきょう〔ケウ〕

大辞林 第三版の解説

ほっきょう法橋
ほうきょうとも
僧位の第三で、法印・法眼ほうげんに次ぐ。「法橋上人位」の略。僧綱の律師に相当する位。法の橋。
中世・近世、僧侶に準じて仏師・絵師・連歌師・医師などに与えられた称号。法の橋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 仏語。
① 仏法を、衆生を導き彼岸へ渡す橋にたとえていう語。法(のり)の橋。〔文明本節用集(室町中)〕
〘名〙 仏語。
※栄花(1028‐92頃)音楽「御仏仕うまつれる仏師は、法橋になし給ひつ」
② 中世以後、僧侶に準じて、医師、絵師、連歌師などに与えられた称号。
※浄瑠璃・頼光跡目論(1661‐73頃)四「時の天薬の頭吉田の法印、篠村ほっきゃう御前にかしこまり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android