コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法橋 ほっきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法橋
ほっきょう

法橋上人位の略。律師僧綱に授けられる僧位で,法印法眼とともに貞観6 (864) 年2月に制定された。のちに一般の僧にも授けられるようになり,人数も次第に増加し,さらに仏師絵師にも叙任されるにいたった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほう‐きょう〔ホフケウ〕【法橋】

仏語。仏の教えを、人を彼岸に渡す橋にたとえていう語。法(のり)の橋。
ほっきょう(法橋)

ほっ‐きょう〔‐ケウ〕【法橋】

《「法橋上人位」の略》僧位の第三位。法眼に次ぐ。僧綱律師に相当し、五位に準ぜられた。
中世以後、医師・仏師・絵師・連歌師などに僧位に準じて与えられた称号。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

法橋【ほっきょう】

日本の僧位の一つ。僧綱(そうごう)の最下位である律師に与えられる。法橋上人位とも。官位でははじめ正4位に相当。法印と同様,中世・近世では僧以外にも与えられた。
→関連項目絵仏師定慶定朝宅磨勝賀俵屋宗達法眼

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ほうきょう【法橋】

ほっきょう【法橋】

〔「ほうきょう」とも〕
僧位の第三で、法印・法眼ほうげんに次ぐ。「法橋上人位」の略。僧綱の律師に相当する位。法の橋。
中世・近世、僧侶に準じて仏師・絵師・連歌師・医師などに与えられた称号。法の橋。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

法橋の関連キーワード呼び鐘・呼鐘頼円(3)目賀田友元良円(7)吉原 真龍定慶(3)磯田湖龍斎頼円(2)礒田湖竜斎古筆了珪大岡嘯川山田芳洲吉田元陳狩野友我石里洞秀狩野正栄石田友汀広渡心海山本探川八田古秀

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法橋の関連情報