法橋(読み)ほっきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法橋
ほっきょう

法橋上人位の略。律師僧綱に授けられる僧位で,法印法眼とともに貞観6 (864) 年2月に制定された。のちに一般の僧にも授けられるようになり,人数も次第に増加し,さらに仏師絵師にも叙任されるにいたった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほう‐きょう〔ホフケウ〕【法橋】

仏語。仏の教えを、人を彼岸に渡す橋にたとえていう語。法(のり)の橋。
ほっきょう(法橋)

ほっ‐きょう〔‐ケウ〕【法橋】

《「法橋上人位」の略》僧位の第三位。法眼に次ぐ。僧綱律師に相当し、五位に準ぜられた。
中世以後、医師・仏師・絵師・連歌師などに僧位に準じて与えられた称号。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうきょう【法橋】

ほっきょう【法橋】

〔「ほうきょう」とも〕
僧位の第三で、法印・法眼ほうげんに次ぐ。「法橋上人位」の略。僧綱の律師に相当する位。法の橋。
中世・近世、僧侶に準じて仏師・絵師・連歌師・医師などに与えられた称号。法の橋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法橋の関連情報