顧客ロイヤルティ(英語表記)customer loyalty

知恵蔵の解説

顧客が何らかの対象に忠誠を示すこと。その対象が製品である時をブランド・ロイヤルティ(brand loyalty)、店舗である時をストア・ロイヤルティ(store loyalty)と呼ぶ。ここでロイヤルティ(忠誠)とは、その対象を選好し、反復的にそれを選択することを意味する。そのためロイヤルティ概念は、選好に関わる態度側面と、反復的選択行動に関わる行動的側面から捉えることができる。ただし、態度と行動が必ず一貫性を持つとは限らず、好んでいるわけではないが反復的に選択はしている「見せかけのロイヤルティ」や、反対に、好意的態度は持っているものの選択行動には結びついていない「潜在的ロイヤルティ」という状態もある。したがって態度と行動が一貫した「のロイヤルティ」に、顧客を導くことが重要である。

(高橋郁夫 慶應義塾大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android