愛着(読み)あいちゃく

精選版 日本国語大辞典「愛着」の解説

あい‐ちゃく【愛着】

〘名〙 自分に関係があるものに心がひかれること。あいじゃく。
※広益熟字典(1874)〈湯浅忠良〉「愛著 アイチャク キニイリキッタ」
※蓼喰ふ虫(1928‐29)〈谷崎潤一郎〉六「彼女自身はそんなものに今では大した愛着もないのであるから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「愛着」の解説

あい‐ちゃく【愛着】

[名](スル)なれ親しんだものに深く心が引かれること。あいじゃく。「愛着がわく」「愛着を深める」「古いしきたりに愛着する」
[類語]愛情情愛情けじょう情合い情味人情人情味温情恩情厚情思いやりいつくしみ慈愛仁愛仁恵仁慈仁心じん慈悲あわれみ哀憐同情

あい‐じゃく〔‐ヂヤク〕【愛着/愛著】

仏語欲望にとらわれて離れられないこと。愛執あいしゅう
あいちゃく(愛着)」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の愛着の言及

【育児】より

…ボウルビーは,母と子が愛情のきずなで結ばれていることが,その子どもの自己への信頼,ひいては他者への信頼を育てることになり,円満な社会生活を営むことのできる人格形成につながる,という。子が母に対して抱く愛情のきずなを,ボウルビーは愛着(アタッチメントattachment)と呼んでいる。クラウス,ケネルらは,愛着の形成には,出生直後における母子の皮膚接触や母乳哺育が大切としている。…

※「愛着」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android