コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飲作用 いんさよう

3件 の用語解説(飲作用の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

いんさよう【飲作用】

細胞が液状の物質を透過性によらず小胞として内部にとりこむ現象。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

飲作用

 →ピノサイトーシス

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典内の飲作用の言及

【エンドサイトーシス】より

…エンドサイトーシスとは細胞が液を飲んだり,餌を食べたりして外界から物質を取り込む作用の総称である。かつては液を飲むことを飲作用pinocytosis,食べることを食作用phagocytosisと呼び分けてきたが,現在では両者が共通の機能・機構をもつことから考えて同じ名称がのぞましいということになっている。ここでは便宜上,両者を区別して説明する。…

※「飲作用」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone