コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食作用 しょくさよう phagocytosis

翻訳|phagocytosis

5件 の用語解説(食作用の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

食作用
しょくさよう
phagocytosis

細胞が周囲の固形物を細胞内に取り込む作用。貪食ともいう。細胞膜表面に小粒子が接触すると,細胞膜は粒子を包み込みつつ細胞内に落ち込み,小胞となる。これを食作用胞(ファゴソーム)という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょく‐さよう【食作用】

細胞が固形物を内部に取り込んで分解すること。エンドサイトーシスの一つ。食作用をもつ細胞を食細胞と呼ぶ。食菌作用。貪食。ファゴサイトーシス。→飲作用
[補説]細胞の表面に付着した物質は、細胞膜に包み込まれて細胞内に陥入し、ファゴソーム呼ばれる小胞として細胞内に入り、リソソーム液胞と融合して分解される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

食作用【しょくさよう】

食細胞運動とも。細胞が外部から大型(0.1μm以上)の固形物を取り入れる活動をいう。それより小さい粒子や液体を取り入れる活動は飲作用と呼ばれるが,現在では,両者をまとめて〈エンドサイトーシス〉と呼ぶことが多い。
→関連項目消化マクロファージメチニコフ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

食作用

 →ファゴサイトーシス

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょくさよう【食作用】

食細胞が固体状の物質を内部にとりこんで分解し、細胞質内に吸収する作用。食細胞活動。食菌作用。貪食どんしよく

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の食作用の言及

【エンドサイトーシス】より

…エンドサイトーシスとは細胞が液を飲んだり,餌を食べたりして外界から物質を取り込む作用の総称である。かつては液を飲むことを飲作用pinocytosis,食べることを食作用phagocytosisと呼び分けてきたが,現在では両者が共通の機能・機構をもつことから考えて同じ名称がのぞましいということになっている。ここでは便宜上,両者を区別して説明する。…

※「食作用」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

食作用の関連キーワード細胞運動食細胞精母細胞貪食細胞α細胞アンプリファイアーT細胞胸腺細胞卵母細胞運動性貪食細胞食細胞運動

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

食作用の関連情報