コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食作用 しょくさようphagocytosis

翻訳|phagocytosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

食作用
しょくさよう
phagocytosis

細胞が周囲の固形物を細胞内に取り込む作用。貪食ともいう。細胞膜表面に小粒子が接触すると,細胞膜は粒子を包み込みつつ細胞内に落ち込み,小胞となる。これを食作用胞(ファゴソーム)という。ファゴソームはリソソームと融合して,その加水分解酵素によって分解される。アメーバ類の場合,食作用とは摂食の手段であるが,遊走する食細胞好中球小食細胞〉,マクロファージ〈大食細胞〉)の場合,侵入した異物を処理する防御機構の意味をもつ。つまり食作用とは,摂取した菌体を蛋白分解酵素で細胞内消化する,抗体産生に並ぶ細菌感染に対する防御作用である。また単核白血球組織球などのマクロファージは,寄生性原生動物,色素顆粒,組織細胞の破片や,老化変性した血球をも捕食する。その食細胞活動は生体の防衛および老廃物処理の機能をもち,医学的に重要である。(→飲細胞運動

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょく‐さよう【食作用】

細胞が固形物を内部に取り込んで分解すること。エンドサイトーシスの一つ。食作用をもつ細胞を食細胞と呼ぶ。食菌作用。貪食。ファゴサイトーシス。→飲作用
[補説]細胞の表面に付着した物質は、細胞膜に包み込まれて細胞内に陥入し、ファゴソームと呼ばれる小胞として細胞内に入り、リソソーム液胞と融合して分解される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

食作用【しょくさよう】

食細胞運動とも。細胞が外部から大型(0.1μm以上)の固形物を取り入れる活動をいう。それより小さい粒子や液体を取り入れる活動は飲作用と呼ばれるが,現在では,両者をまとめて〈エンドサイトーシス〉と呼ぶことが多い。
→関連項目消化マクロファージメチニコフ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しょくさよう【食作用】

食細胞が固体状の物質を内部にとりこんで分解し、細胞質内に吸収する作用。食細胞活動。食菌作用。貪食どんしよく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の食作用の言及

【エンドサイトーシス】より

…エンドサイトーシスとは細胞が液を飲んだり,餌を食べたりして外界から物質を取り込む作用の総称である。かつては液を飲むことを飲作用pinocytosis,食べることを食作用phagocytosisと呼び分けてきたが,現在では両者が共通の機能・機構をもつことから考えて同じ名称がのぞましいということになっている。ここでは便宜上,両者を区別して説明する。…

※「食作用」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

食作用の関連キーワード結晶作用のテクティック順序ピノサイトーシスガネット・ピークオプソニン効果メチニコフ現象マグマ融食作用チャターマークヘットナー石単核食細胞系浸食基準面細網内皮系オプソニン切断山脚河岸段丘浸食作用雪食作用ドリーネU字谷鍾乳洞五大湖

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

食作用の関連情報