コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

餅踏み モチフミ

デジタル大辞泉の解説

もち‐ふみ【餅踏み】

子供の満1歳の誕生日に餅をついて、それを踏ませる行事。→餅負い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の餅踏みの言及

【育児】より

…このころは子どもが立歩きを始めるという飛躍的な成長の時期であり,ここまで無事に育てば育児にも一応のめどがつくため,初誕生はほぼ全国的に祝われている。初誕生には,誕生餅を踏ませる餅踏みや筆やそろばんなどを置きどれをとるかで子どもの将来を占う風があり,誕生前に歩き出す子には一升餅を背負わせ倒すなどの風習もあった。このほか,幼児期の祝として七五三の祝があり,髪置,紐落し,帯付け,帯ときなどの祝をして成長の各節目を祝った。…

※「餅踏み」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

餅踏みの関連キーワード餅負い・餠負い一升餅力餅

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android