子供(読み)コドモ

デジタル大辞泉の解説

こ‐ども【子供】

《「ども」は接尾語で、本来は複数であるが、今では多く単数に用いる》
年のいかない幼い者。児童。小児。わらべ。わらんべ。また、多くの子。子ら。「幼稚園の子供」⇔大人
親がもうけた子。むすこやむすめ。「子供の教育費」
動物などの子、また、その幼いほう。「パンダの子供が生まれた」
行動などが幼く、思慮が足りない者。「からだは一人前だが、考えることは子供だ」⇔大人
目下の若い人々に親しく呼びかける語。
「いざ―早くやまとへ大伴の三津の浜松待ち恋ひぬらむ」〈・六三〉
江戸吉原で遊女が小間使いにした幼女。かぶろ。
近世、男色を売った年少の歌舞伎役者。陰間(かげま)。子供衆
江戸深川や京坂の遊里で、抱えの遊女をいった語。
「―は揃うて居るなり、女共も能くいたします」〈洒・辰巳之園

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こども【子供】

〔「ども」は複数を表す接尾語〕
自分の得た息子や娘。古くは複数をいった。 「 -は三人おります」 「瓜食めば-思ほゆ/万葉集 802
小児。児童。 ⇔ 大人 「 -は大人の半額の料金」
幼稚なこと。 「することが-で困る」
江戸時代、舞台に立つほか、色を売った年少の歌舞伎俳優。歌舞伎子。陰間かげま。子供衆。
遊郭の禿かぶろ
抱え主が、抱えの芸者や娼妓しようぎをいう語。また、岡場所の女郎。子供衆。
自分より若い人たちに親しんで呼びかける語。 「いざ-野蒜のびる摘みに蒜摘みに/古事記

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

子供の関連情報