コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子供 コドモ

2件 の用語解説(子供の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こ‐ども【子供】

《「ども」は接尾語で、本来は複数であるが、今では多く単数に用いる》
年のいかない幼い者。児童。小児。わらべ。わらんべ。また、多くの子。子ら。「幼稚園の子供」⇔大人
親がもうけた子。むすこやむすめ。「子供の教育費」
動物などの子、また、その幼いほう。「パンダの子供が生まれた」
行動などが幼く、思慮が足りない者。「からだは一人前だが、考えることは子供だ」⇔大人
目下の若い人々に親しく呼びかける語。
「いざ―早くやまとへ大伴の三津の浜松待ち恋ひぬらむ」〈・六三〉
江戸吉原で遊女が小間使いにした幼女。かぶろ。
近世、男色を売った年少の歌舞伎役者。陰間(かげま)。子供衆。
江戸深川や京坂の遊里で、抱えの遊女をいった語。
「―は揃うて居るなり、女共も能くいたします」〈洒・辰巳之園

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こども【子供】

〔「ども」は複数を表す接尾語〕
自分の得た息子や娘。古くは複数をいった。 「 -は三人おります」 「瓜食めば-思ほゆ/万葉集 802
小児。児童。 ↔ 大人 「 -は大人の半額の料金」
幼稚なこと。 「することが-で困る」
江戸時代、舞台に立つほか、色を売った年少の歌舞伎俳優。歌舞伎子。陰間かげま。子供衆。
遊郭の禿かぶろ
抱え主が、抱えの芸者や娼妓しようぎをいう語。また、岡場所の女郎。子供衆。
自分より若い人たちに親しんで呼びかける語。 「いざ-野蒜のびる摘みに蒜摘みに/古事記

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

子供の関連キーワード疑うらくはうんこ静けし奴輩和や山里ぶ難ない家司立つ雑人輩夜ら

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

子供の関連情報