コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行事 ギョウジ

デジタル大辞泉の解説

ぎょう‐じ〔ギヤウ‐〕【行事】

恒例として日を定め取り行う催し。「創立記念の行事が執り行われる」「年中行事
おこない。行状。
「第二を―自由の権という」〈小川為治・開化問答〉
平安時代、朝廷の諸儀式をつかさどった役。行事官。
江戸時代、商人や町内の組合などを代表して事務をとった人。行司。
ある事柄を中心となって担当すること。また、その人。責任者。世話人。
「東大寺を造る―の良弁僧正といふ人」〈今昔・一一・一三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎょうじ【行事】

一定の日を決めて行う儀式や催し。 「年中-」
平安時代、朝廷の儀式などの運営に当たる役。行事官。
江戸時代、町内または商人の組合を代表し事務を取り扱った人。行司。
ある事を主として担当すること。また、その人。 「里の刀禰・村の-いできて/大鏡 藤氏物語

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

行事の関連キーワード年中行事(ねんちゅうぎょうじ)六郷のカマクラ行事山・鉾・屋台行事阿蘇の農耕祭事さんばい降ろし小野宮年中行事新庄のはやし田建武年中行事原田はやし田乙子の祝い田の神送り行事の蔵人政治ショー山車の祭り予祝儀礼孟夏の旬修正鬼会春田打ち学校行事年中行事

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

行事の関連情報