コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

餌刺/餌差 エサシ

デジタル大辞泉の解説

え‐さし〔ゑ‐〕【餌刺/餌差】

さおの先端に黐(もち)をつけ、鷹(たか)の生き餌とする小鳥を捕らえること。また、それを業とする者。
江戸幕府の職名。鷹匠(たかじょう)配下にあり、1を任務とした。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

餌刺/餌差の関連キーワード小阿仁川江戸幕府生き餌職名鷹匠

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android