香枕(読み)こうまくら

精選版 日本国語大辞典「香枕」の解説

こう‐まくら カウ‥【香枕】

〘名〙 の中にをたく仕掛けのあるもの。多く、表面蒔絵(まきえ)を施す。香の枕。きゃら枕。こうちん。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「香枕」の解説

こう‐まくら〔カウ‐〕【香枕】

中で香をたくようになっている枕。表面に蒔絵まきえを施してある。伽羅枕きゃらまくら

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の香枕の言及

【香道具】より

…湿気は匂いをとめるので,火取母は水を入れた香盥(こうだらい)に渡した板上に置かれる。髪にたき込めるためには華麗な蒔絵をほどこした箱枕の中に香炉を仕込んだ香枕がある。屈折した1条の溝に香の粉末を並べ,一方から着火して燃えぐあいで時間をはかる道具を香時計という。…

【枕】より

…形が矢場の土手,垜(あずち)に似ているため垜枕ともいう。枕には以上のほか,髪に香をたきこめるための香枕もある。源氏香形の透しのある木枕で引出しを付け,中に香炉を納める。…

※「香枕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android