コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香枕 コウマクラ

デジタル大辞泉の解説

こう‐まくら〔カウ‐〕【香枕】

中で香をたくようになっている。表面に蒔絵(まきえ)を施してある。伽羅枕(きゃらまくら)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の香枕の言及

【香道具】より

…湿気は匂いをとめるので,火取母は水を入れた香盥(こうだらい)に渡した板上に置かれる。髪にたき込めるためには華麗な蒔絵をほどこした箱枕の中に香炉を仕込んだ香枕がある。屈折した1条の溝に香の粉末を並べ,一方から着火して燃えぐあいで時間をはかる道具を香時計という。…

【枕】より

…形が矢場の土手,垜(あずち)に似ているため垜枕ともいう。枕には以上のほか,髪に香をたきこめるための香枕もある。源氏香形の透しのある木枕で引出しを付け,中に香炉を納める。…

※「香枕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

香枕の関連キーワード蒔絵

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android