コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬なり ウマナリ

デジタル大辞泉の解説

うま‐なり【馬なり】

競馬で、騎乗者が手綱をしごいたりしないで、馬が走るのに任せている状態。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

馬なり

無理に追わず、馬の行く気に任せて走っている状態。競馬新聞の調教欄では軽めの調教を指す。それよりやや速めの調教は強め、目一杯に追った調教は一杯と表記される。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

大辞林 第三版の解説

うまなり【馬なり】

競馬で、馬の進むのにまかせて走らせること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

馬なりの関連情報