コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬なり ウマナリ

デジタル大辞泉の解説

うま‐なり【馬なり】

競馬で、騎乗者が手綱をしごいたりしないで、馬が走るのに任せている状態。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

馬なり

無理に追わず、馬の行く気に任せて走っている状態。競馬新聞の調教欄では軽めの調教を指す。それよりやや速めの調教は強め、目一杯に追った調教は一杯と表記される。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

うまなり【馬なり】

競馬で、馬の進むのにまかせて走らせること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

馬なりの関連キーワード馬術競技用語自然の事丸めるさす

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

馬なりの関連情報