コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手綱 たづな bridle

翻訳|bridle

5件 の用語解説(手綱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

手綱
たづな
bridle

馬具の一種。 (くつわ) の両端の引手に装着して馬を制御するための綱で,馬をつなぎ止めるための野繋索が添えられる。和鞍の手綱は長さ 2.5~3.5mの絹布や麻布を手綱染 (赤と白,紫と白などコントラストの強い2色に染め分けた同一間隔の太い縞模様) にしたものを4つ折りにして用いる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

た‐づな【手綱】

馬具の一。轡(くつわ)の左右に結びつけ、人が手に取って馬を操る綱。
人を動かし、また物事を処理する手加減。「家計の手綱を握る」
手綱染め」の略。
烏帽子(えぼし)の上に締める鉢巻き。
「烏帽子に―打たせて」〈盛衰記・三四〉
ふんどし。まわし。室町時代から江戸時代の初めにかけて用いた語。
「相撲はこれがはじめなれば…―も腰も切れぬべし」〈曽我・一〉

たんな【綱】

《「たづな」の音変化》
馬の手綱。〈日葡
したおび。ふんどし。
「この子、ちりめんの―をして」〈仮・仁勢物語・上〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たづな【手綱】

馬具の一。轡くつわの左右に結び付け、乗り手が握って馬を操る綱。 「 -を引く」
(比喩的に)勝手な行動を他人がしないように、活動に枠をはめること。 「 -を取る」 「 -をゆるめる」
細長い布。帯・鉢巻きなど、様々な用途に用いた。たんな。 「烏帽子に-うたせて/盛衰記 34
ふんどし。下帯。 〔日葡〕
[句項目]

たんな【手綱】

〔「たづな」の転〕
馬の手綱たづな。 「よい乗り手といふものは-にあたらいで自由にするぞ/毛詩抄 6
下帯。褌ふんどし。 「縮緬の-をして/仮名草子・仁勢物語」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の手綱の言及

【ふんどし(褌)】より

…《延喜式》巻十四では,褌の字を〈したのはかま〉,袷褌を〈あわせのしたのはかま〉と訓じており,袴を意味していた。室町時代ころは,手綱(たづな)と呼び,江戸時代には,下帯(したおび)とも呼んでいる。〈ふんどし〉の語は,江戸時代の初めころからという。…

※「手綱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

手綱の関連キーワード馬橋五畜弓手武芸馬追馬町馬場町馬下馬込

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

手綱の関連情報