コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駈込訴 かけこみそ

1件 の用語解説(駈込訴の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

駈込訴
かけこみうったえ

江戸時代における越訴(おっそ)の一つ。定められた手順を経ずに、直接上級領主や幕閣の館(やかた)に駈け込んで要求を訴えること。たとえば1767年(明和4)会津藩の支配を嫌った岩代会津郡田島村百姓は、幕府勘定奉行(かんじょうぶぎょう)安藤弾正少弼(だんじょうしょうひつ)方へ駈込訴を行い、また1779年(安永8)下総香取(しもうさかとり)郡篠原(しのはら)村百姓は、自領主の吟味不行届(ぎんみふゆきとどき)を幕府勘定奉行所へ駈込訴している。幕藩領主は非合法として、こうした訴えを禁じた。[水本邦彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の駈込訴の言及

【越訴】より

…しかし,村役人が村の利益を代表して越訴することは17世紀の百姓一揆の特徴となり,18世紀にはいると惣百姓が直接に集団で越訴する強訴(ごうそ)が増加する。幕府は,1711年(正徳1)に巡見使への出訴,21年(享保6)に目安箱への箱訴を認めて越訴の特例をつくるとともに,徒党強訴をはじめ駕籠訴(かごそ),駈込訴(かけこみそ),捨訴(すてそ),張訴(はりそ)などの順を踏まない直訴行為を厳禁した。【深谷 克己】。…

※「駈込訴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone