コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

騒き ゾメキ

デジタル大辞泉の解説

ぞめき【騒き】

《古くは「そめき」》
浮かれさわぐこと。
「祭が過ぎた、あの―ももう遠い岬へ移って了った」〈白秋・祭のあと〉
遊郭や夜店などをひやかしながら歩くこと。また、ひやかし客。
「―一時(ひとしきり)出盛る五丁目一円に人波打て」〈紅葉伽羅枕

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞめき【騒き】

〔動詞「騒ぞめく」の連用形から〕
浮かれ騒ぐこと。にぎわい。さわぎ。 「何千何万と云ふ人の-の中に乱れて/思出の記 蘆花
遊郭をひやかしながら歩くこと。また、その人。 「今夜も-に出たが、道からしゆこうが付いた/洒落本・聖遊廓」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

騒きの関連キーワード弓筈・弓弭・弓彇遠近・彼方此方猟人・狩り人朝羽振るひやかし幾許く辺・畔ぬかも海人舟洒落本辺つ方䳑群の連用形浦波葦鴨防人競ふ䳑群

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android