夜店(読み)よみせ

  • 夜店/夜見世

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夜見世とも書く。夜間路上で集団的に出店する小商人。初め土地の神社仏閣祭礼縁日開帳などに限って,その境内付近に店を並べることから起ったが,のちには都市の盛り場などに常設的に出店するものが現れた。江戸時代中期以後,明治・大正期も盛んに行われた。大正期には東京だけで1ヵ月およそ 340の縁日があり,そこで夜店が開かれていた。扱う商品は日用品をはじめ広範にわたり,繁華街景物の一つでもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

夜、路上などで品物を並べて売る店。 夏》「引いて来し―車をまだ解かず/虚子
遊郭で、夜に見世を張ること。
「昼にもまさる灯火(ともしび)は月常住の―かや」〈浄・淀鯉〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

江戸時代初期の商店はほとんどが夕刻までの営業だったので,夜の営業は特別なこととされて夜店といわれたが,のちには露店商人が夜になって出店することだけをいうようになった。〈よみせ〉と称する夜間営業は,1725年(享保10)江戸の吉原遊廓が官の許可を得て,灯火を明るくともして客を迎えたのがはじまりだとされている。夜店が許可になってから,露店商人が夏の夕涼み客を対象にして縁日や祭礼その他の催事のときなどに夜店をだすようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夜間に露天商が開く出し店。もとは1725年(享保10)江戸・吉原で許可された夜間営業をさしたが、19世紀、京坂地方で「乾(ほ)し見世」、江戸で「天道干(てんとぼし)」といった露天商が、道路や社寺の境内、門前で夜間に出す店をもさすようになった。これは大坂が早く、江戸では文政(ぶんせい)年間(1818~30)に現れた。夜店全体は香具師(やし)に統制され、新古種々雑多の品物が扱われた。明治以後、アセチレン、電灯へと照明が改良され、夜店は盛んになっていったが、現代は祭礼、縁日や特定の場所にのみ制約されている。

[佐々木日嘉里]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の夜店の言及

【営業】より

…それはその活動を指揮命令しその結果を統一する場所でなければならないから,工場や倉庫は営業所ではない。また,ある程度の継続性が必要であるから,一時的な売店や移動的な夜店は含まれない。1個の営業につき数個の営業所を有することができるが,その場合,主従関係により本店と支店に区別される。…

※「夜店」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夜店の関連情報