コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨絡み ホネガラミ

デジタル大辞泉の解説

ほね‐がらみ【骨絡み】

梅毒や結核が全身に及び、骨がうずくようになること。また、その症状。骨うずき。
悪い状態から容易に抜け出せないこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほねがらみ【骨絡み】

梅毒が全身に広がり、骨髄にまでいたってうずき痛むこと。また、その症状。ほねうずき。
悪い気風に完全にそまっていること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

骨絡みの関連情報