全身(読み)ぜんしん

精選版 日本国語大辞典「全身」の解説

ぜん‐しん【全身】

〘名〙 からだ全体から足先までのからだじゅう。総身渾身(こんしん)
※往生要集(984‐985)大文一「況復雪山大士捨全身而得此偈
※滑稽本・浮世床(1813‐23)二「乳下(ちのした)より両足まで全身(ゼンシン)泥にまみれて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「全身」の解説

ぜん‐しん【全身】

からだ全体。からだ中。総身そうみ。「全身泥まみれ」「全身の力をこめる」
[類語]渾身満身総身そうしん総身そうみ五体肢体からだたい身体しんたい肉体体躯たいく図体ずうたい人身じんしん人体生体ボディー肉塊ししむら骨身

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android