コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨骨し コチゴチシ

デジタル大辞泉の解説

こちごち・し【骨し】

[形シク]
不作法であるさま。ぶしつけであるさま。
「旧(ふる)物語にかかづらひて、夜を明かし果てむも、―・しかるべければ」〈橋姫
無骨であるさま。無風流であるさま。
「もとより―・しき人にて、かうやうのこと、さらに知らざりけり」〈土佐

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こちごちし【骨骨し】

( 形シク )
無骨だ。無風流だ。洗練されていない。 「ふなぎみの病者もとより-・しき人にてかうやうのことさらに知らざりけり/土左」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

骨骨しの関連キーワード土左

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

骨骨しの関連情報