コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨骨し コチゴチシ

デジタル大辞泉の解説

こちごち・し【骨し】

[形シク]
不作法であるさま。ぶしつけであるさま。
「旧(ふる)物語にかかづらひて、夜を明かし果てむも、―・しかるべければ」〈橋姫
無骨であるさま。無風流であるさま。
「もとより―・しき人にて、かうやうのこと、さらに知らざりけり」〈土佐

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こちごちし【骨骨し】

( 形シク )
無骨だ。無風流だ。洗練されていない。 「ふなぎみの病者もとより-・しき人にてかうやうのことさらに知らざりけり/土左」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

骨骨しの関連キーワード土左

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android