コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橋姫 ハシヒメ

デジタル大辞泉の解説

はし‐ひめ【橋姫】

橋を守るという女神。特に山城の宇治の橋姫が有名。
源氏物語第45巻の巻名。薫大将、20歳から22歳。出家を志す薫が宇治の八の宮を訪ね、二人の姫君に心を動かされること、自分の出生の秘密を知ることなどを描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橋姫 はしひめ

伝説上の神。
橋をまもるため,橋のたもとにまつられた。宇治の橋姫や摂津西成郡(大阪府)の長柄(ながら)の橋姫が知られている。嫉妬(しつと)ぶかい鬼神とされる場合がおおい。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はしひめ【橋姫】

橋のたもとに橋姫とか橋姫明神とかいって,橋の神霊がまつられることが多い。山城の宇治の橋姫や摂津の長柄(ながら)の橋姫は有名だが,京都の五条橋(今の松原橋)や近江の瀬田橋のたもとにも橋姫がまつられていた。橋姫は,宇治の橋姫のように,嫉妬深い鬼神とされる場合が多い。瀬田橋の付近でも鬼女が人々を悩ましたとする説話が《今昔物語集》などにもあって,これも橋姫であろうと考えられている。諸国の伝説でも橋姫のねたみを恐れて嫁入りの行列が通るのを忌む橋があり,橋の近くで赤子を抱いた女性にあって,頼まれてその赤子を抱くと急に重くなったというものがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はしひめ【橋姫】

橋を守る神。女神で、嫉妬深いと伝えられる。 → 宇治の橋姫
源氏物語の巻名。第四五帖。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の橋姫の言及

【鬼】より

…恨みを晴らすために人に憑(つ)く生霊や死霊は普通は目に見えないが,鬼と同一視された。神仏に祈願して肉体を鬼に変えて恨みを晴らす《平家物語》剣の巻の宇治の橋姫も,この種の鬼である。いま一つの契機は年を取り過ぎることである。…

【能面】より

…ほかに阿形では天神,黒髭(くろひげ),顰(しかみ),獅子口など,吽形では熊坂(くまさか)がある。能面の鬼類では女性に属する蛇や般若,橋姫,山姥(やまんば)などのあることが特筆される。(3)は年齢や霊的な表現の濃淡で区別される。…

※「橋姫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

橋姫の関連キーワードはかなくなる今際の閉ぢめ絶え籠もる散り交ふ紛らはし衣片敷くさしぐみ今は限り形変わる態とめく橋姫物語思ひ滞る昔の人人めく聖言葉法の友山里ぶ見譲る耳近ししらう

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

橋姫の関連情報