鯖の生き腐れ(読み)サバノイキグサレ

デジタル大辞泉の解説

鯖(さば)の生き腐れ

鯖は外見は新鮮なようでも腐り始めていることがあるということ。の肉は漁獲してから短時間のうちに酵素分解が進むので、人によっては蕁麻(じんま)疹がでたりするところからいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さばのいきぐされ【鯖の生き腐れ】

サバはいたみ方が非常に早いということ。サバの肉にはヒスチジンが多く、これが漁獲後短時間のうちに酵素分解してヒスタミンに変化し、アレルギー性の人に蕁麻疹じんましんなどの反応を起こさせる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android