コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鯖街道 サバカイドウ

デジタル大辞泉の解説

さば‐かいどう〔‐カイダウ〕【鯖街道】

かつて、若狭国(現在の福井県南西部)で獲れた海産物などを京に運ぶために使われた街道の名。特に若狭のサバが好まれたことから、この名でよばれたという。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

鯖街道の関連キーワード福井県三方上中郡若狭町熊川福井県三方上中郡若狭町滋賀県大津市若狭街道

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鯖街道の関連情報