若狭(読み)ワカサ

精選版 日本国語大辞典の解説

北陸道七か国の一国。大化改新で一国となる。鎌倉時代、津々見忠季らのあとを受けて北条氏が守護となり、南北朝時代は足利氏が統一。江戸初期京極氏が、のち酒井氏が支配。廃藩置県で小浜県となり、敦賀・滋賀県を経て明治一四年(一八八一)福井県南西部となる。若州(じゃくしゅう)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

若狭の関連情報