鳥取砂丘コナン空港(読み)とっとりさきゅうこなんくうこう

知恵蔵miniの解説

鳥取砂丘コナン空港

鳥取県営鳥取空港愛称近隣にある鳥取砂丘と、鳥取県出身のマンガ家・青山剛昌作品名探偵コナン」から名をとり、2014年11月に決定した。同月現在、日本でマンガのキャラクター名が愛称となっている空港は同空港だけとなっている。鳥取空港は、1957年、鳥取市の中心部から北西約7キロメートルの日本海に面した砂丘地帯に「鳥取市営飛行場」として開設された。67年7月、第3種空港として指定される。面積105ヘクタール、滑走路は長さ2000メートル・幅45メートル。主要施設は、「空港ターミナルビル」、センタープラザ・国際交流センターなどをもつ「鳥取空港国際会館」、ミニ滑走路・展望台などからなる「世界夢広場」。搭乗者数は、2013年度で33万16人。

(2014-11-14)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉の解説

とっとりさきゅうコナン‐くうこう〔とつとりサキウ‐クウカウ〕【鳥取砂丘コナン空港】

鳥取空港の愛称。
[補説]コナンは、当地出身の漫画家青山剛昌の作品「名探偵コナン」から。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳥取砂丘コナン空港の関連情報