鵜呑み(読み)ウノミ

デジタル大辞泉の解説

う‐のみ【××呑み】

《ウが魚をまるのみにするところから》
食物をかまずにのみ込むこと。まるのみ。「飯を鵜呑みにする」
物事の真意をよく理解せずに受け入れること。「宣伝文句を鵜呑みにする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鵜呑みの関連情報