真意(読み)シンイ

大辞林 第三版の解説

しんい【真意】

まことの心。本当の意図。 「 -を問いただす」 「 -をはかりかねる」
(話や文章の)本当の意味。 〔類義の語に「本心」があるが、「本心」は人間が本来持っている正しい心、また、表向きには隠されている本当の気持ちの意を表す。それに対して「真意」は文章などの真実の意味、また、表面からはとらえにくいその人の本来の意図の意を表す〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真意の関連情報