鵠を刻して鶩に類す(読み)コクヲコクシテアヒルニルイス

デジタル大辞泉の解説

鵠(こく)を刻して鶩(あひる)に類す

《「後漢書」馬援伝から》白鳥を刻もうとしてできそこなっても、なお、家鴨(あひる)に似たものにはなる。謹直の人を学べば、それに及ばなくても、善良な人になれることのたとえ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こくをこくしてあひるにるいす【鵠を刻して鶩に類す】

〔後漢書 馬援伝
白鳥を作るつもりで木を刻めば家鴨あひる程度のものはできるの意。立派な人のおこないを学んで及ばなくても、それに近い人になれるということ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android