コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鵠を刻して鶩に類す コクヲコクシテアヒルニルイス

2件 の用語解説(鵠を刻して鶩に類すの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

鵠(こく)を刻して鶩(あひる)に類す

《「後漢書」馬援伝から》白鳥を刻もうとしてできそこなっても、なお、家鴨(あひる)に似たものにはなる。謹直の人を学べば、それに及ばなくても、善良な人になれることのたとえ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こくをこくしてあひるにるいす【鵠を刻して鶩に類す】

〔後漢書 馬援伝
白鳥を作るつもりで木を刻めば家鴨あひる程度のものはできるの意。立派な人のおこないを学んで及ばなくても、それに近い人になれるということ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone