コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鵠を刻して鶩に類す コクヲコクシテアヒルニルイス

デジタル大辞泉の解説

鵠(こく)を刻して鶩(あひる)に類す

《「後漢書」馬援伝から》白鳥を刻もうとしてできそこなっても、なお、家鴨(あひる)に似たものにはなる。謹直の人を学べば、それに及ばなくても、善良な人になれることのたとえ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こくをこくしてあひるにるいす【鵠を刻して鶩に類す】

〔後漢書 馬援伝
白鳥を作るつもりで木を刻めば家鴨あひる程度のものはできるの意。立派な人のおこないを学んで及ばなくても、それに近い人になれるということ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鵠を刻して鶩に類すの関連キーワード

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android