コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴岡義雄(読み)つるおか よしお

美術人名辞典の解説

鶴岡義雄

洋画家。大正6年(1917)茨城県生。日本美術学校卒。二科会で活躍し、内閣総理大臣賞他多数受賞。滞欧生活を機にマドモアゼル・シリーズを制作、のち舞妓をモティーフとするようになる。日本芸術院賞受賞。日本芸術院会員。サロン・ドートンヌ会員。二科会常務理事。東京住。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴岡義雄 つるおか-よしお

1917-2007 昭和-平成時代の洋画家。
大正6年4月13日生まれ。昭和14年より二科展に出品,25年二科会会員。「愛」で青児賞,「トワリ」で総理大臣賞などを受賞。サロン-ドートンヌ会員。30年代以降はマドモアゼル,50年代から舞妓のシリーズを制作,女性美を追求した。平成2年芸術院賞。6年芸術院会員。平成19年10月27日死去。90歳。茨城県出身。日本美術学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例