黒あし病(アルファルファ)

飼料作物病害図鑑の解説

黒あし病(アルファルファ)

株枯を引き起こす糸状菌病。地際部から上方数センチにわたり、茎を黒褐色の病斑が取り巻く。病斑表面はゴツゴツした感じで、わずかに陥没している。多くの 病斑は皮層部にとどまり、根にはほとんど異常が認められなかった。病斑部には赤褐色の微小菌核が形成され、やがて地上部全体が黄化する。病原菌は多犯性 で、クローバ類、トレフォイル、インゲンマメ、ダイズ、アズキにも病原性を示す。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android