龍に翼を得たる如し(読み)りゅうにつばさをえたるごとし

精選版 日本国語大辞典「龍に翼を得たる如し」の解説

りゅう【龍】 に 翼(つばさ)を得(え)たる如(ごと)

強いものにさらに強さを加えること。金棒に翼。
※浄瑠璃・平仮名盛衰記(1739)一「朝日将軍木曾義仲、てりかがやける物の具も、龍に翼を得(ウ)るごとき、威勢勇美の御粧ひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android