コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

1等星 いっとうせい

百科事典マイペディアの解説

1等星【いっとうせい】

古代ギリシアでは全天で最も明るい星約20個をいった。現在では光度をもとに等級で定義されるが,1.5等より明るい恒星を1等星ということがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

1等星の関連キーワードポルックス(天文)いっかくじゅう座みなみじゅうじ座フォーマルハウトみなみのうお座ケンタウルス座北アメリカ星雲はと座(鳩座)アルデバランはくちょう座エリダヌス座等級(天文)夏の大三角オリオン座秋の四辺形アルビレオぎょしゃ座うしかい座ハリー彗星冬の大三角

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

1等星の関連情報