コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

A20ライン

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

A20ライン

アドレスバスの20bit目の信号線のことで、HMAをコントロールするのに使われる。286を搭載したIBM PC/ATには、過去の機種との互換性維持のために、A20ラインをメモリーのアドレッシングに使用するかどうかを選ぶ機能があった。たとえばA20ラインを無効にすると、それ以前の8086や80186を使ったPCと同様、リアルモードでのメモリー空間は1Mbytesまでになる。一方、A20ラインを有効にすると、通常はリアルモードから直接アクセスできない拡張メモリーの先頭64Kbytes-16bytesの領域が、リアルモードで利用可能になる。このメモリー領域を活用して実現されたのがHMAである。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

A20ラインの関連キーワード8088

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android