コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

領域 りょういき

8件 の用語解説(領域の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

領域

コンピューターが何らかの処理をするための仮想的な場所のこと。メモリーハードディスクなどの区画分けができる資源(リソース)に対して用いる。たとえば、「メモリー領域を確保する」や「システム領域を解放する」などのように使う。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りょう‐いき〔リヤウヰキ〕【領域】

ある力・作用・規定などが及ぶ範囲。また、その物事・人がかかわりをもつ範囲。「人間の無意識の領域」「新しい領域を開拓する」「理論物理学の領域
国際法上、国家の主権の及ぶ区域。領土領海領空からなる。「他国の領域を侵す」
コンピューターで、プログラム上のある操作が及ぶ範囲。また、ハードディスクなどの記憶装置上で操作が可能な範囲。「領域指定」「領域確保」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

領域【りょういき】

国家の権限が及ぶ空間。領土を中心に領海領空からなる。領土や領空には原則として排他的主権が及ぶが領海についてはやや制限的である。最近では特定国の主権を排除した国際領域が広がり,そのようなものとして,信託統治領,南極,宇宙空間が注目されている。
→関連項目接続水域領土問題

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

りょういき【領域 territory】

国際法上,国家の領域すなわち国家の主権に属する空間をいう。国家は,国際法に基づき,国際慣習や条約による制限のないかぎり,その領域を他国の支配を受けることなく自国だけで自由に支配できる。領域内にあるすべての人は,その国の国民であるか否かを問わず,もっぱらその国の支配――立法,司法,行政の作用――に服する。また,国家は,領域そのものを排他的に使用し占有し,または処分することができる。国家が領域に対してもつこのような権能を,領域主権(領域権)または領土主権(領土権)とよぶが,それは,領域内の人に対する法的支配の権能と土地(領域)に対するいわば所有権的な権能の二つの側面を含むものである。

りょういき【領域 domain】

数学用語。一般に,位相空間X内の連結開集合のことをXの領域というが,よく用いられるのはユークリッド空間Rnの領域である。この場合には,Rn内の開集合Uであって,Uの任意の2点はUに含まれる連続曲線で結ぶことができるようなものが領域であると定義してもよい。数直線Rの領域は開区間に限るが,n≧2の場合にはRnの領域は多様である。ジョルダン曲線,すなわち円周と同相なR2上の曲線はR2を内部と外部の二つの領域に分けるが,この内部をジョルダン領域と呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りょういき【領域】

ある者が領有し、また勢力下に置く区域。
国家の主権の及ぶ区域。領土・領海・領空のこと。
そのものの関係する範囲。特に学問などで、対象とする範囲。 「他人の-を侵す」 「研究-」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

領域
りょういき
domain

一般に,空間の中の集合をいうこともあるが,特に術語として使うときは,平面や空間内の単連結開集合をいう。一般の位相空間内でもこの言葉は用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

領域
りょういき

領土」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の領域の言及

【カナダ】より

…正式名称=カナダCanada面積=997万610km2人口(1996)=2978万人首都=オタワOttawa(日本との時差=-14時間)主要言語=英語,フランス語通貨=カナダ・ドルCanadian Dollar北アメリカ大陸の北半部を占める広大な国で,面積はロシア連邦に次いで世界第2位。立憲君主制の連邦国家で,10州provinceと3準州(テリトリーterritory)から成る。国名は〈村〉を意味するイロコイ・インディアンの言葉に由来するといわれ,日本では〈加奈陀〉あるいは略して〈加〉の字をあてることがある。…

【領土】より

…国家の領域のうち陸地の部分。河川・湖沼などの内水域や,大陸本土に付属する島嶼(とうしよ)は当然これに含まれる。領土をもたない国家は考えられず,また,領海領空は領土に従属して存在するものであるから,領土は国家の領域の中でも最も本質的で中心的な構成部分である。そのことから,広義では,国家の領域全体をたんに領土とよぶこともある。この場合には,領海・領空をも含めて領土とよんでいるわけである。 狭義の領土には,領域として最も強い国家の排他的支配権が及ぶ。…

【地域】より

…等質性,統一性などが識別される地域のほかに,政治・行政上その他の実用上指定された区域も地域と呼ばれることが多く,前者を実質地域または地理学的地域,後者を形式地域として区別することもある。地域の代替語あるいは類語には,地区,区域,領域,圏域,地帯,地方などがあるが,相互の使い分けは一定していない。また地域の複合語としては,地域住民,地域社会,地域主義,地域計画,地域指定,地域性,地域区分など多数のものがあり,法律用語においても地域概念の重要性が高まり,〈地域〉は現代社会に関するキーワードの一つとなっている。…

【集合論】より

…これらの公理系によれば,(1)自然数全体は集合をなし,(2)一つの集合の部分集合全体も集合をなし,(3)二つの集合の直積A×Bも集合をなし,(4)集合Aから集合Bの中への写像fがあれば,fの像全体f(A)も集合であり,さらに,(5)一つの集合Aにおけるある条件(これも公理によって規制される)を満たす元の全体も集合であるので,よほど奇妙な集りを考えないかぎり集合であると思ってよいだろう。カントルが集合と定義した内容のものは必ずしも集合ではないので,それを領域と呼ぶことがある。 また,公理のうちで,特別視されているものに選択公理がある。…

※「領域」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

領域の関連キーワード宇宙法国際責任国家責任主権先占独立国半主権国領空領土国家承認

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

領域の関連情報