コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ARアプリ えーあーるあぷりAR Application

知恵蔵miniの解説

ARアプリ

デジタル機器、主にスマートフォン上で、カメラなどを用い取り込んだ現実の物や空間に情報を付加提示し、利便性・エンターテイメント性などを与えるアプリケーションのこと。ARはAugmented Realityの頭文字で「拡張現実アプリ」と訳される。ARアプリは大きく分けて、自分のいる位置情報を取得し現実風景などを取り込み、そこに様々な情報を貼り付ける「ロケーションベース型」と、目の前のQRコードや画像などを認識・解析し情報や3DCGを表示する「ビジョンベース型」の二つがある。ロケーションベース型アプリの代表格である「セカイカメラ」(頓智ドット株式会社)は、スマートフォンで撮影した現実空間に「エアタグ」というデジタル情報を貼り付けるARアプリだが、2014年1月22日に全サービスを終了することが決定した。また、ビジョンベース型アプリの一つ「ロゴてれびTM」(株式会社タカラトミー)は、商品ロゴを読み取ることにより様々なコンテンツを楽しめるもので、13年12月13日に提供が開始された。

(2013-12-19)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

ARアプリの関連キーワード春霞

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ARアプリの関連情報