Adobe AIR(読み)アドビエアー

パソコンで困ったときに開く本の解説

Adobe AIR

インターネットで利用されているFlashなどの技術を組み合わせ、パソコンなどのソフトとして動作させる仕組みの名称です。アドビシステムズが開発しました。インターネットのサービス開発者であれば、専用のプログラム言語を覚えなくても、ソフトの開発ができるメリットがあります。
⇨Flash、プログラム言語

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android