専用(読み)せんよう

精選版 日本国語大辞典「専用」の解説

せん‐よう【専用】

〘名〙
① それだけをもっばら用いること。また、何よりも大切なこと。
サントスの御作業(1591)一「Prophetia ヲ トグベキ コト xenyô(センヨウ)ナリ」
経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「一種の器械を専用するは四種の器械を兼用するの利に若かざる」 〔宋書‐恩倖伝〕
② ある特定の目的、または対象のためだけに用いること。また、ある人だけが使用すること。
※日本道徳論(1887)〈西村茂樹〉五「今仮りに人心を以て千斤の力ありと仮定するとき、心を一業に専用するときは千斤の力は皆其業の上に注ぐなり」
※蔵の中(1918‐19)〈宇野浩二〉「彼等の専用の通行路ですな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「専用」の解説

せん‐よう【専用】

[名](スル)
特定の人だけが使うこと。「会員が専用するプール
ある特定の目的・対象だけに使うこと。「洗顔専用クリーム
それだけをもっぱら使うこと。
「一種の器械を―するは、四種の器械を兼用するの利に若かざるは」〈竜渓経国美談
[類語]公用共用常用愛用占用日用両用併用兼用混用汎用他用転用乱用悪用代用流用

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android