専用(読み)せんよう

精選版 日本国語大辞典「専用」の解説

せん‐よう【専用】

〘名〙
① それだけをもっばら用いること。また、何よりも大切なこと。
※サントスの御作業(1591)一「Prophetia ヲ トグベキ コト xenyô(センヨウ)ナリ」
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「一種の器械を専用するは四種の器械を兼用するの利に若かざる」 〔宋書‐恩倖伝〕
② ある特定の目的、または対象のためだけに用いること。また、ある人だけが使用すること。
※日本道徳論(1887)〈西村茂樹〉五「今仮りに人心を以て千斤の力ありと仮定するとき、心を一業に専用するときは千斤の力は皆其業の上に注ぐなり」
※蔵の中(1918‐19)〈宇野浩二〉「彼等の専用の通行路ですな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「専用」の解説

せん‐よう【専用】

[名](スル)
特定の人だけが使うこと。「会員が専用するプール」
ある特定の目的・対象だけに使うこと。「洗顔専用のクリーム」
それだけをもっぱら使うこと。
「一種の器械を―するは、四種の器械を兼用するの利に若かざるは」〈竜渓経国美談

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android