Algonkian

翻訳|Algonkian

世界大百科事典内のAlgonkianの言及

【原生代】より

…北米大陸で,太古代の片麻岩や花コウ岩をおおい,カンブリア紀の地層におおわれている,非変成または変成度の弱い地層が見いだされた。1889年にC.D.ウォルコットによってそれらの地質系統がアルゴンキアンAlgonkianと命名された。20世紀になってから,古生代,中生代,新生代の地史区分にならって,先カンブリア時代を二分した始生代と原生代が太古代とアルゴンキアンの同義語として使われるようになった。…

※「Algonkian」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android