コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Barīd Shāhī BaridShahi

世界大百科事典内のBarīd Shāhīの言及

【ムスリム五王国】より

…(1)ベラール州総督ファトフッラー・イマードル・ムルクのイマード・シャーヒー‘Imād Shāhī王国(1484‐1572),(2)ベルガウム州総督ユースフ・アーディル・ハーンのアーディル・シャーヒー‘Ādil Shāhī王国(1489‐1686),(3)ダウラターバード州総督のアフマド・ビン・ニザームル・ムルクのニザーム・シャーヒーNiẓām Shāhī王国(1489‐1636),(4)テレンガナ州総督スルタン・クリー・クトゥブル・ムルクのクトゥブ・シャーヒーQuṭb Shāhī王国(1512‐1687)の4王国がまず独立した。(5)バフマニー朝の王統が断絶した1520年代,同王朝の宰相家だったアミール・バリードがバリード・シャーヒーBarīd Shāhī王国(1528‐1619)を建て,ここに五王国が成立した。これらの王国はその支配領域の名を冠して呼ばれることもある。…

※「Barīd Shāhī」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Barīd Shāhīの関連キーワードビーダル王国

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android