コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Blake,N. BlakeN

世界大百科事典内のBlake,N.の言及

【デイ・ルイス】より

…最後の詩集は《ささやく根,その他の詩》(1970),ほかに啓蒙的詩論《詩を読む若き人々のために》(1944)や《アエネーイス》の英訳などの仕事がある。ニコラス・ブレークNicholas Blakeの筆名で《野獣死すべし》(1938),《不思議の国のマリス(悪意)》(1940)など20余の推理小説を書いた。【高橋 康也】。…

※「Blake,N.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Blake,N.の関連キーワードフォコンドミニク タイジュールス ナイトオリバー ベインズスティーブン ボウマンデイ・ルイス縫合アスファルト鉱ウィンタ岩多形構造

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android