コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縫合 ほうごう

5件 の用語解説(縫合の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

縫合
ほうごう

(1) suture 縫合せること,特に外傷の傷口や手術時の切り口を縫合せて,ふさぐこと。縫合針,持針器および縫合糸によって行う。縫合糸として用いられる材料には,絹糸,テトロンテフロンナイロンポリプロピレンなどの合成繊維製糸,銀線などのほかに,カットグートコラーゲン糸,ポリアミノ酸製の糸などのように,体内で分解吸収される吸収性縫合材料もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほう‐ごう〔‐ガフ〕【縫合】

[名](スル)
縫い合わせること。特に、外科手術で外傷などで切断された患部を縫い合わせること。「切開した傷口を縫合する」
頭蓋骨(とうがいこつ)を構成する骨が、鋸歯(きょし)状の縁を互いにかみ合わせて連結しているもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

岩石学辞典の解説

縫合

堆積岩の組織で,石英の粒子が隣接する粒子を妨害して,鉱物粒子の境界線が非常に不規則に入り組んで接し合い,骨の縫合線に似た形をとるものに使用する[Blake : 1888].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうごう【縫合 suture】

(1)解剖学では骨の不動結合の一種をいう。骨どうし結合組織の薄層で連結されていて,長い連結部は,凹凸のある曲線をなして互いに食い込んでいる。ヒトを含めて哺乳類では頭蓋骨の連結にのみみられる。なお類似の結合は,カメの甲やハコフグの外骨格にもみられる。(2)外科における基本的な手術手技の一つ。手術または外傷によって口の開いた部分は,互いに引き寄せて密着させておくことによって治癒が早まる。この目的のために針と糸を用いて組織を縫い合わせるのが縫合である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほうごう【縫合】

( 名 ) スル
縫い合わせること。特に、外科手術などで、切断された組織を回復させるために患部を縫い合わせること。 「傷口を-する」
骨のつながり方の一。結合部分に鋸の歯のような凸凹があり、互いにかみ合ってつながっているもの。頭蓋骨のみに見られる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の縫合の言及

【頭骨】より

… 下あごでは上記のように下顎軟骨が系統発生上の本来の母体であるが,下あごを備えた最古のものである古生代の棘(きよく)魚類以来多くの皮骨性要素が現れて下顎軟骨に交代した。個体発生上もまず下顎軟骨が発生し,次いでその周辺に多くの皮骨が現れて縫合suture(不動性関節)でつながり合い,下あごの骨格になる(その上に歯が生える)。そしてもとの下顎軟骨は,前記のように終生メッケル軟骨として残存する両生類を除いて,変形,退化していく。…

【関節】より

…第1は,相接する2個の骨または軟骨の間に可動性がほとんどあるいはまったくない場合で,これを不動結合とよぶ。少量の結合組織繊維で結びつけられた頭蓋の各骨の間(縫合)や哺乳類の歯の歯根と歯槽骨の間,軟骨で結びつけられた哺乳類の骨盤の左右の恥骨の間(恥骨結合)や頭蓋底の蝶(ちよう)形骨と後頭骨の間などがその例である。これらの場合,動物の種類によっては骨化して一体となっていることもあり,同じ動物でも加齢とともに骨化して2個の骨が癒合することもある(骨結合)。…

【頭骨】より

… 下あごでは上記のように下顎軟骨が系統発生上の本来の母体であるが,下あごを備えた最古のものである古生代の棘(きよく)魚類以来多くの皮骨性要素が現れて下顎軟骨に交代した。個体発生上もまず下顎軟骨が発生し,次いでその周辺に多くの皮骨が現れて縫合suture(不動性関節)でつながり合い,下あごの骨格になる(その上に歯が生える)。そしてもとの下顎軟骨は,前記のように終生メッケル軟骨として残存する両生類を除いて,変形,退化していく。…

※「縫合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

縫合の関連情報