コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Burton,I. BurtonI

世界大百科事典内のBurton,I.の言及

【地理学】より

… しかし50年代には計量革命の導入に伴い,それを支持する地理学者の中から,従来の地理学観や方法論に対する科学哲学的な批判が加えられ,地理学を理論的・予測的科学として構築しようという運動が活発になった。その口火を切ったのはシェーファーF.K.Schaefer(1904‐53)の論文《地理学における例外主義――その方法論的吟味》(1953)であり,バートンI.Burton(1935‐ )の論文《計量革命と理論地理学》(1963)は新地理学成立の宣言であった。さらにハーベーD.Harvey(1935‐ )の著書《地理学における説明》(1969)は新時代における地理学本質論の代表として,ハーツホーンと対照されるにいたった。…

※「Burton,I.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

Burton,I.の関連キーワードBRYANBURTON-LEWIS鬼塚雅平岡卓ティム・バートンのコープスブライドブルー・バートンチャーム粒子立体映画

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone