コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Chemnitz,M. ChemnitzM

世界大百科事典内のChemnitz,M.の言及

【和協信条】より

…それは主としていずれもメランヒトンの弟子たちによって形成された真正ルター派とフィリップ派との間で起こった論争であったが,1560年代後半からしだいにこれらの神学論争の結果をまとめて,ドイツのルター派教会内に信仰的・神学的一致をもたらそうという気運が高まった。そして,アンドレーエJakob Andreae(1528‐90)やケムニッツMartin Chemnitz(1522‐86)らが中心になって起草したものをもとに1577年《ベルゲン書》(のちこれを〈根本宣言〉という)がまとめられ,これを要約した〈梗概〉が第1部に付され,併せて〈和協信条〉と呼ばれることとなった。1530年の〈アウクスブルク信仰告白〉をルターの線で解説しようとした試みとして,ドイツをはじめ多くのルター派教会で信仰的基準の一つとして受けいれられている。…

※「Chemnitz,M.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Chemnitz,M.の関連キーワードカール・マルクス・シュタット

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android