カール・マルクス・シュタット(読み)かーるまるくすしゅたっと(英語表記)Karl-Marx-Stadt

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カール・マルクス・シュタット
かーるまるくすしゅたっと
Karl-Marx-Stadt

ドイツ東部、ザクセン州の工業都市ケムニッツChemnitzの1953~90年の名称。また同時期の旧東ドイツの県名でもあった。旧ザクセン領が3分割され、ライプツィヒ県、ドレスデン県とともに成立したカールマルクス・シュタット県は面積6009平方キロメートル、石炭と銀、などの鉱石を基盤とする工業が発達し、工業就業者率が50%を超えていた。

[佐々木博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカール・マルクス・シュタットの言及

【ケムニッツ】より

…ドイツ東部,ザクセン州の都市。1953年から90年まではカール・マルクス・シュタットKarl‐Marx‐Stadtと称していた。人口27万4000(1995)。…

※「カール・マルクス・シュタット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android