コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Cobitis Cobitis

世界大百科事典内のCobitisの言及

【アジメドジョウ】より

…コイ目ドジョウ科の淡水魚。属名のNiwaella(ニワエラ)は本種の命名者丹羽弥(にわひさし)にちなんで属名の変更(最初の属名はCobitis)のおりにつけられた。種小名のdelicataは美味の意。…

【ドジョウ(鰌∥泥鰌)】より


[ドジョウ科]
 日本にはドジョウ科(Cobitididae)の魚は6属10種・亜種が分布する。これらは眼の下縁にとげをもつシマドジョウCobitisアジメドジョウNiwaellaアユモドキLeptobotiaともたないドジョウ属Misgurnus,フクドジョウ属Barbatulaおよびホトケドジョウ属Lefuaとに大別される。フクドジョウ属のフクドジョウB.toniは日本では北海道のみに産し,北海道の人々は単にドジョウといい,ふつうのドジョウをナイチドジョウ(内地鰌)と呼んで区別している。…

※「Cobitis」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Cobitisの関連キーワードアジメドジョウドジョウ筋縞泥鰌縞泥鰌

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android