コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Cochläus,J. CochlausJ

世界大百科事典内のCochläus,J.の言及

【学校劇】より

…宗教改革の嵐の吹き荒れたドイツでは,カトリックとプロテスタントの両陣営はそれぞれの立場のラテン語劇で対抗し論争した。カトリック側の代表的作者にコホレウスJ.Cochläus(1479‐1552),プロテスタント側にナオゲオルクT.Naogeorg(1511‐63?)がいる。新しい作者は,学者,教師,僧などであったが,しだいにローマ喜劇の手法による国語劇が,ドイツをはじめそれぞれの国で出現しだした。…

※「Cochläus,J.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android