CompuServe(読み)こんぴゅさーぶ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CompuServe

正式名称はCompuServe Interactive(CSi)。1996年9月まではCompuServe Information Services。世界最大規模のパソコン通信サービスのひとつ。本拠地のアメリカのほか、世界各国に海外拠点をもち、電子メール、電子会議室、オンラインデータベース接続、オンラインショッピングなどのサービスを提供している。【歴】サービスを提供するCompuServe社は1969年、アメリカにタイム・シェアリング・サービスの会社として設立された。1980年に全米を対象としてCompuServeのサービスを開始。現在はAOLに買収された。NIFTY-Serve(ニフティサーブ)はCompuServeをモデルにして開発されたため、コマンド等の共通点が多い。また双方向ゲートウェイサービスを行なっているため、日本からはNIFTY-Serveを通じて容易にアクセスできる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android