コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CompuServe こんぴゅさーぶ

1件 の用語解説(CompuServeの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CompuServe

正式名称はCompuServe Interactive(CSi)。1996年9月まではCompuServe Information Services。世界最大規模のパソコン通信サービスのひとつ。本拠地アメリカのほか、世界各国に海外拠点をもち、電子メール電子会議室オンラインデータベース接続、オンラインショッピングなどのサービスを提供している。【歴】サービスを提供するCompuServe社は1969年、アメリカにタイム・シェアリング・サービスの会社として設立された。1980年に全米を対象としてCompuServeのサービスを開始。現在はAOLに買収された。NIFTY-Serve(ニフティサーブ)はCompuServeをモデルにして開発されたため、コマンド等の共通点が多い。また双方向ゲートウェイサービスを行なっているため、日本からはNIFTY-Serveを通じて容易にアクセスできる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

CompuServeの関連キーワードRSA国際体操連盟春場所仏壇返し船島レパード国際馬術連盟名古屋場所国際山岳連盟AGL

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone