コマンド(読み)こまんど

デジタル大辞泉の解説

コマンド(command)

命令。指令コンピューターで、処理装置に指示する特定の文字列。キーボード入力を主とするCUIオペレーティングシステムアプリケーションソフトなどにおいて使われる命令語を指す。

コマンド(commando)

《「コマンドー」とも》特別奇襲隊。また、その隊員。ゲリラ隊員をいうこともある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

コマンド【command】

命令。指令。
コンピューターに特定の機能の実行を指示する命令。また、その命令を表す記号。装置を遠隔制御するための信号をもいう。

コマンド【commando】

突撃隊員。奇襲隊員。また、ゲリラ隊員。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コマンド
command

コンピュータを対話的に使用するとき,人間からコンピュータに与える指令をいう。すなわち,四則演算などのデータ処理のための命令ではなく,それらの命令の始動,停止,継続を指示する制御命令の場合が多い。

コマンド

奇襲部隊」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コマンド
こまんど
commando

一定の期間、自給自足ができる独立の戦闘部隊。主として正規軍の行動に呼応しつつ、敵地内に入り込んで、急襲、後方攪乱(かくらん)、サボタージュ、縦深偵察、情報収集、拠点占拠などの戦術的行動を行う。アメリカの海兵隊、イギリスのSAS(特別空軍部隊)、ナチス期のドイツ軍のブランデンブルク部隊などが、コマンドとして有名である。現在では多くの国の軍隊が類似した組織をもっており、対ゲリラ作戦や対テロリズム活動に使用されている。また、特定の任務を遂行するためのゲリラ部隊も、コマンドとよばれることがある。[山崎 馨]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコマンドの言及

【ヒューマンインターフェース】より

…その機械と〈交流するinteract〉というような擬人的な表現がなされるのは,コンピューターを使って何かのタスク(仕事)をするときの過程が,人が人にことばを使って指示をしながら仕事を行う過程にたとえること(対話メタファー)ができるからである。 対話に使われたことばはコマンドである。しかし,コマンドをキーボードから入力するタイプの交流は操作性,信頼性,わかりやすさの点で,とりわけ,初心者ユーザーにとっては十分ではないため,新たな交流のタイプの実現が求められるようになった。…

※「コマンド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コマンドの関連情報