Dépéret,C.(英語表記)DeperetC

世界大百科事典内のDépéret,C.の言及

【コープの法則】より

…もともとは脊椎動物の場合に認められた現象であるが,無脊椎動物や植物についても同様なことが認められるようになった。19世紀末のアメリカの古生物学者E.D.コープの説(1880)とされているが,J.B.ラマルクも《動物哲学》においてこのことを進化の第1法則として述べており,またコープと同時代のフランスの古生物学者デペレC.Dépéretも同様の考えをもっていた。コープは,この説を定向進化や獲得形質の遺伝と結びつけて考えたが,現在ではこの現象は,生理や運動に対する適応や特殊化としてとらえられている。…

※「Dépéret,C.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android